「錠前故障」はケース内のデッドボルト動作不良による鍵トラブル

錠前ケースが関係する鍵トラブルは、主にラッチの故障とデッドボルトの故障があります。 ここでご紹介したいのは、錠前の不具合によって引き起こされる「カギの空回り」と言ったトラブルの原因であるデッドボルトの故障になります。

錠前ケースの故障が起きる原因は様々ですが、最もな理由を挙げるなら、経年劣化などの金属疲労でデッドボルトを固定している周りの部品や、デッドボルトを動かしている部品が劣化して壊れてしまう事になります。

錠前故障による鍵の空回り

鍵修理料金を知りたい方に1ポイントアドバイス!
電話の際“最低料金”しか言わない業者には“最高料金”も必ず聞くように!聞かずに「現場見積もり無料」の甘い言葉に騙され、業者を現地に呼んでしまうと手痛い出費を被る事になるかもしれません。

カギが空回りするその他のトラブル事例はこちら

デッドボルト故障の症状

デッドボルトが正常動作しない事で起こる症状

鍵を掛けた場合に扉が開かなくなるのは、デッドボルトと呼ばれるボルトがケースから飛び出すことで玄関ドアと扉枠の隙間を遮るからとなります。 逆のパターンで鍵を開けた場合に扉が開くのは、このデッドボルトがケース内に収納される事でドアと扉枠の隙間を遮っていた物が無くなるからになります。

「錠前の故障が原因で起きた鍵の空回り」の症状は、外側からの鍵操作だけとは限りません。外側と同様に室内からサムターン(ツマミ)を回転させてもくるくると空回りしてしまい、解除・施錠が出来なくなります。

外側から鍵を使って操作した時の不具合

  • カギは持ってるが鍵が開かない為に部屋に入れない
  • 出かけたいけど鍵が掛からない為に心配で外出できない

室内側からサムターンをした時の不具合

  • 外出したいけど鍵が開かない為に外に出られない
  • 鍵を掛けて戸締りしたいがドアが開いてしまう

壊れた場合の対策

錠前故障による対処方法は錠前ケースの交換

デッドボルト故障は、部品の破損が原因である事が多く対応策としては修理ではなく錠前ケースの交換が必要になります。錠前ケース内部に組み込まれている各部品だけの販売がされていない為、各パーツ交換による修理が出来ません。品番・型式などによって錠ケースだけの対応が出来ない場合は、シリンダー部込みの錠前一式による交換での対応となります。

錠前故障はケース交換で対応

【交換対応の場合】各メーカーの機種によって交換費用が異なり、ケースのみを交換した場合の料金でシリンダーは付いていません。

錠前ケースの交換料金は¥10,000円〜

【開錠対応の場合】交換や修理ができるのは扉が開いている状態の時なります。ドアが施錠されていて開かない場合は解錠料金が発生します。

解錠料金¥12,000円(税抜き)+交換・修理料金

メンテナンス方法

定期的なメンテナンスで長く安心して使用可能

デッドボルトが壊れる前に簡単なメンテナンスで長持ちさせる方法。ケースはドアの中に設置されており、扉から取り外してメンテナンスを行うのは少し手間のかかる作業になります。ご自身で錠前を簡単にメンテナスする方法は、ケースから飛び出るデッドボルトとケースの隙間からオイルをスプレーするだけ。分解できないケースの内部に対し見える範囲から潤滑油を浸透させデッドボルトの動きを常にスムーズにさせるのが効果的です。

【注意】メンテナンスでは錠前を分解しない事!
ケースの蓋を開けると内部の部品が飛び散る事があり、再び組み上げるのが非常に困難な作業になるため、不具合がない限り鍵屋でも行わないメンテナンスの仕方です。

錠前は分解しない事

分解手順は、ドアからケース(錠前)を取り外し(シリンダー、レバーハンドル、ノブを外すと最後にケースが取り外せます)、ケースを分解した後パーツクリーナーで頑固な油分を取り除き、グリスやオイルなど潤滑油を塗布する。

お見積り24時間受付中

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を

緊急!鍵のトラブルなら”24時間営業の鍵屋-カギのレスキュー車”へご依頼下さい。鍵の修理対応地域は一部地域を除く東京都内(東京23区・多摩地域)になります。

メールでのお見積りも24時間受付中!
(状況詳細およびシリンダー全体の画像とおよその住所をお送りください)

メール見積り案内ページへ

お急ぎの場合はお電話にてお問合わせ下さい。

ページのトップへジャンプ