お店のシャッターが開かない!鍵が無い、鍵は有るけど開けられないなど

シャッターに付いているシャッター錠は、シャッターと同じメーカーのもが使われている事が多くあり主に、三和シャッター、文化シャッター、カワカミシャッター、東洋シャッターなどがあります。

シャッターの鍵が開かない主な鍵トラブルは、カギを紛失した為に開けられない理由と鍵は有るけどカギが回らない為に開ける事が出来ない理由などが挙げられます。
大きな物を搬入、搬出する事が多い店舗や事務所、倉庫、車庫、ガレージでは、出入口を広く確保するのに、壁や玄関扉の代わりになるシャッターが非常に便利です。

料金案内

料金の詳細はこちらをクリック
出張対応地域や料金詳細については画像をタップしご覧ください

お店のシャッターを開ける費用はメーカーや鍵の種類で変わることはありません。但し、夜間料金、現地駐車場の有無、指定地域以外が現場になる場合は追加費用をご請求させていただきます。
*表示金額は税抜き価格

店舗シャッターの解錠料金 ¥12,000円

カギのレスキュー車では、電話・メールでお伝えした以上の料金を現地にてご請求する事は一切ありませんのでご安心ください。

メール見積り案内ページへ

お急ぎの場合お電話ください!

フリーダイヤル番号
代表連絡先番号

カギは有るのに開かない原因とは

シャッターのカギそのものは有るけどシャッター錠の開錠が出来ない(閉める事が出来ない)といった原因。錠前が故障した訳では無いのに何故開閉が出来なくなってしまうのか?
大きな原因の一つに挙げられる事は、内側にあるサムターンが正常ではない位置(向き)で静止している事。この様な状態ではカギが奥まで挿し込めない為に解錠、施錠が出来なくなります。

外側シャッターの鍵穴
内側シャッターのサムターン


手で開閉できるシャッターの室内側サムターンは鍵と連動している為、鍵穴の向きとサムターンの向き常に同じ位置になくてはなりません。しかし、開閉時のあるタイミングで連動にズレが生じてしまう事があり、この時、鍵穴は真横180度を向いているけどサムターンは少し斜め150度を向いている。

この様な状態になった場合、内側からサムターンの向きを修正するか、外側からはカギが入らないので、ピッキング(特殊解錠方法)で解錠または施錠を行い鍵穴とサムターンの向きを合わせる事で対処可能になります。

出張可能地域【東京都】

シャッターの鍵開けサービス可能なエリアのご案内。
鍵紛失や故障による開錠、緊急なトラブルも東京都内(一部地域を除く)において24時間営業してます。
カギのレスキューは全国展開をしている鍵屋とは違い東京のみ出張範囲になります。文化シャッター、三和シャッターなどの鍵トラブルでお困りなら到着時間、作業料金の御見積りやご相談をお気軽にお電話下さい。

練馬区の鍵屋カギのレスキュー車
ページのトップへジャンプ