こんな鍵屋は危険な業者!現場見積り高額請求に注意!

鍵屋に依頼した場合の料金っていくらなの?

鍵工事の料金はいくら?

滅多に関わる事がない鍵のトラブル、もしもご自身が鍵屋に依頼するような鍵トラブルに見舞われたら、あなたはいくらまでの費用であれば依頼をされますか?

鍵工事の料金がどれくらいするか知らないまま依頼したがために、とんでもない金額の請求をされたなど。
非常に悪質な、鍵に関する料金トラブルが数年前から多発しており、消費者センターへの相談や苦情が増加している内容のニュース記事も度々見かける事が増え出しました。

初めて鍵のトラブルに遭遇し鍵屋に相談するものの全く鍵の事はわからない。
しかも慌ててパニック状態、それをよい事に電話応対では必要な情報を十分に聞き出す事ができない素人のコールスタッフ。現地に来た工事スタッフからは聞いてた話と全く違う高額な金額。
「電話対応が良いと思ったから」「ホームページの見た目の良さ」という理由だけで依頼をしたらとんでもない目に遭うかも知れません。

鍵の工事料金に相場はないのが鍵屋の実態

鍵に関する作業料金には以下の様な内容が主になり、価格はそれぞれの鍵屋さんによって全く異なるものになります。

  • 鍵が開かない時に開ける「開錠料金」
  • 失くしたカギと同じカギを作る「鍵無し作成料金」
  • 鍵の故障や調子が悪いものを直す「錠前、鍵の修理料金」
  • 新しい鍵へ取り換える「鍵の交換料金」
  • 穴開け加工をして新規に鍵を増やす「鍵の取付料金」

多くの人がこの料金の相場を調べる為にインターネットをご覧になることと思います。しかしネットで相場を調べようとしてもハッキリした相場など調べる事が出来ないのが実状です。

同じ鍵屋としても相場などが気になるもので、ネットに出ているいろんな鍵屋のホームページから「どういった鍵屋」なのか「料金はいくらでやっているのか」を、調べる事があります。
しかし、ホームページを見たとこで多くの鍵業者は細かい費用など記載していません。さらに、料金見積りを電話で確認しても記載価格と全く違う提示をされるばかりか、「詳しくは現場での見積りになります」となってしまい結局のところ頼んでからではないと金額はわからない、相場価格となる判断材料など得られない結果になりました。

相場がわからない!

【広告サイトに出ているのは全国展開を謳っている鍵屋ばかり】
インターネットでは、各企業が宣伝費用をかけサイトを目立つ順位、上位に表示させる広告枠があります。
この広告サイトには主に全国展開を謳っているホームページが多く表示され、その殆どが鍵屋ではない委託業者(コールセンター)となります。委託業者は、提携先となる下請け業者の鍵屋さんを現地へ向かわせ、紹介料として売る上げの一部をキックバックしてもらうシステムです。
顧客に請求する工事料金は、作業を行う下請け業者の鍵屋さん次第で料金がそれぞれ全く異なり、行った先のお客さんによって料金を変えたりする事も平然と行われています。

【異なるサイトを同じ鍵屋がいくつも作製している】
ネット検索で表示される鍵屋のホームページを見ると電話番号やサイト名が違っても、実は同じ鍵屋のホームページという事が多く存在しています。例えば、1ページに10件のサイトが表示されたとします。1番目にあるサイトに電話をした後に3番目にあるサイトに電話をすると同じ担当者が応対に出るといった現象が発生します。この様な事から、見積りを取ろうと複数の業者に電話をしても同じような金額で比較すら出来ません。

【ホームページに記載している料金は「安さをアピール」してるだけ】
例えば、「¥5800~」など”~”表示で上限金額を提示してない鍵屋に関してはほぼ適当な金額と思って良いでしょう。ホームページに書かれている金額は「他の鍵屋より安く見せる」為だけの料金表になります。
これは当店が作業をしたお客様よりよく耳にするお話です。

【電話で詳しく料金を聞いても正確な金額を答えてくれない】
どんな案件の内容に対しても「現場でのお見積り」の一点張り。
基本的に鍵を開ける・鍵を作る・鍵を交換するなどの作業は具体的な料金提示ができない事は決してありません。対象物が違えど作業内容は同じ事、過去の経験、実績から電話対応で十分見積りが可能です。

以上の事から、インターネット上のウェブサイトから料金の相場を調べるのは非常に難しいという事が言えます。

危険な鍵屋が必ず使うフレーズや応対

問い合わせで電話をすると、いかにも”コールセンターのスタッフ”が応対している様な鍵屋には要注意!
鍵の知識が全くないコールスタッフを集めただけの受付センターに電話をしてるだけになります。鍵の事がわからない者同士が会話をしていますから、相談したところでまともな答えなど聞ける事など有りません。

この様な応対をする鍵屋(コールスタッフ)が、同じように必ずと言ってよいほど使うフレーズや応対をご紹介します。

悪徳鍵屋がよく使うフレーズ

【はじめから詳しい住所を聞いてくる】
とにかく工事スタッフを現場に向かわせるのがコールスタッフの仕事。正式な依頼をしていないのに、聞かれても細かい番地まで答えないように注意して下さい。うっかり教えてしまうと頼んでもいないのに家に工事スタッフが来てしまうかもしれません。
*但し、一定の地域だけを対応している鍵屋さんは地域によって作業料金が異なったり、対応していない地域がある為、まず初めに住所を聞く事があります。しかし、単純に何区か何市さえわかれば良いだけで、詳しい住所まで知る必要は特にありません。東京都内に鍵って言えば、同一の区内や市内によって料金を変えている鍵屋などまず存在しません。

【費用はだいたい”いくら(~)になります】
こちらから具体的な作業内容を伝えても”10000円~”といったふうに”~”提示なってしまいます。確かに”~”で答えておけば現場で20000円でも10万円でも請求したところ間違いではありませんけども・・・。

【現場の状況や鍵の状態を見てから見積ります】
曖昧な金額しか教えてくれないため上限金額を聞き出そうとすると”現場の状況や鍵の状態をみてからの見積りになります”このフレーズ100パーセントの確率で必ず聞かれます。

*確かに鍵の劣化具合などで開錠や鍵作成に費やす時間は変わる事がありますが、料金までを変えてしまうような業者はプロの鍵屋とは言えません。鍵穴の状況など良くても悪くても依頼者にはわかるすべもなく、現場に来た工事スタッフの演技次第で何とでも言える事、鍵屋が言う”現場見積り”は金額を吊り上げる為の口実にすぎません。

”料金を聞かれるまで言わない”のも特徴怪しい鍵屋の一つ
どういった作業内容になるのか聞かれので答えはすれど、それに対する作業料金に関しては自分から聞かない限りコールスタッフから説明される事はありません。

料金見積りの時に必ず確認する事

鍵屋に限らずどの業種にでも言える事ではありますが、金額面で後に後悔しない為にも必ず確認した方が良い事とは何か?

  • 「だいたいの費用を教えて下さい」この聞き方は絶対NG
  • 対象物の

【作業内容に対する正確な見積りを取る事】

料金見積りは具体的な金額を聞き出す事が重要!。
なかなか答えず「あれはあーでこれはこーだから」と、スパッと金額が出てこない鍵屋はまともな業者ではないと思って良いでしょう。いかにも、特に決まった料金設定などありませんと言っているようなもの。
「だいたいの費用を教えて下さい」この聞き方は絶対NGです、正確な見積り提示ができないといった場合でも、せめて上限金額がいくらになるのかを聞く事が重要なポイントになります。ここで上限金額はいくらになるかを聞いても最低価格との差が大きい場合も注意が必要と思えます。

鍵屋を必要とする人というのは必ずしも料金だけで鍵屋を選ぶとは限りません。到着時間の速さや安心できるかどうかの信頼性というのも鍵屋を選ぶ基準の一つと考えます。料金が高いか安いかは、依頼をした本人の価値観で異なります。

ボッタクリバーなどとは違いまともな業者であればしっかりとした料金設定があるはずです。
依頼された現場でころころ料金を変えるやり方”取れそうな客なら多く請求しちゃえ”、こういったやり方、まともな鍵屋と思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)