キーボックスが開かない時の鍵開け料金¥7,000〜対応!吊型・箱型

キーボックス開かないトラブル

キーボックスが開かない!4つのダイヤル番号、プッシュボタンの暗証番号がわからない、合ってるはずの番号で開かないなどで鍵の出し入れが出来ずお困りの時は鍵開け24時間営業のカギのレスキュー車にお任せ下さい。

特に吊式のキーボックスなどは、管理会社さんや建物出入り業者さんなど不特定多数の人によって操作されることが多く暗証番号が変わったりして開かなくなることがあります。またキーボックスは、ドアノブやフェンス、配管など雨風にさらされる屋外に設置される機会が多く、錆や汚れなどが原因でも開けられないといった事が起こります。

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を

鍵開け料金

対応地域、料金に関するご案内

キーボックスを開ける費用は、鍵の種類(防犯性の高さ)および破錠開錠方法か無破錠かで変わります。また、夜間料金、現地駐車場の有無、指定地域以外が現場になる場合は追加費用をご請求させていただきます。
カギのレスキュー車では、電話・メールでお伝えした以上の料金を現地にてご請求する事は一切ありませんのでご安心ください。

メール見積り案内ページへ

お急ぎの場合はお電話ください!

吊式キーボックス

吊型キーボックス

鍵を保管する吊る式南京錠型のキーボックスは、4桁ダイヤルの暗証番号を合わせてロックの解除またはプッシュボタン押して解除する2種類があります。

価格は安いもので3000円位からホームセンターやインターネットで気軽に購入する事ができて、小型のキーボックスならカギを1~2本収納でき大型のキーボックスなら5~6本のカギを保管可能なものも有りますが、収納可能以上にカギを入れたりする事でキーボックスが開かなくなりますのでご注意ください。

マンションやアパートなど賃貸住宅の鍵管理に便利なキーボックスの鍵開け依頼は、不動産屋さんや管理会社さん、リフォーム業者さん、民泊営業管理の方から多く頂いております。

・キーBOXの破錠開錠(解錠料金が安い開け方)
壊して開けても構わない事が前提とする鍵開け方法
・キーBOXの暗証番号の解読
暗証番号を解読し壊さずに開ける事が前提とする鍵開け方法

箱型キーボックス

箱型キーボックス

壁掛け保管用の箱型キーボックスを開ける料金は、一般的な刻みキーとブツブツ凸凹があるディンプルキー(特殊キー)で変わります。

箱型のキーボックスは、ピッキングで開けるのが困難なディンプルキーの使用が多くありますが壊さず鍵を開ける事が可能です。

防犯上のご注意

設置されたキーボックス

キーボックスの開錠依頼に関する注意点
キーボックス本体がどこにも設置されてない状態で持ち運びが出来る場合の開錠依頼は本人確認不要でお受けしておりますが、ドアノブや配電盤、フェンスなどに設置や固定されているキーボックスを開ける場合は、本人使用のキーボックスであることが確認できるが事が必要になります。

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を
ページのトップへジャンプ