サムソナイトのダイヤル番号変更の方法

サムソナイトの暗証番号を設定

サムソナイトのスーツケース、キャリーバッグ、キャリーケース、トランクケース、アタッシュケース、旅行カバンの3桁ダイヤルロックの暗証番号の変更方法。
自分の好きな暗証番号に変更ができるダイヤルロックは、同じサムソナイトでもスーツケースの種類でダイヤル変更方法が異なります。

サムソナイトの番号変更方法

コスモライト、スピナーなどファスナー(チャック、ジッパー)で開閉するソフトタイプにおけるサムソナイトのスーツケースは、ダイヤルロックを解錠する際のオープンレバー(解除レバー)が番号変更の時にも使われ、リセットスイッチが有るものと無いものが有ります。

ライトロックトなどハードタイプのサムソナイトのスーツケースは、ダイヤルロックを解錠する際のオープンボタン(解除ボタン)が番号変更の時にも使われます。

サムソナイトが採用しているTSAダイヤルロックには鍵穴が存在していますが、スーツケースを購入した際に鍵本体は付属されていません。これは米国全土の空港にいるTSA保安係員が速やかに荷物検査が行えるよう、マスターキーを使用し鍵を壊さず解除する為の鍵穴になります。あくまで一時的に解除するだけで検査が終われば再び施錠された状態になります。
TSAダイヤルロックはマスターキーを使用しても暗証番号の変更、リセットをする事が出来ません。

初期設定の暗証番号は「000」

3桁あるダイヤルの暗証番号の変更方法は、設定している番号の数字を揃えてダイヤルロックが解除出来る状態でなければ変更できません。

リセットスイッチワンプッシュタイプの変更方法

スイッチ押し込みダイヤルロック

リセットスイッチ長押しタイプの変更方法

sam_img12

旧型フラットタイプ(リセットスイッチ無し)の変更方法

フラットタイプのダイヤル

新型フラットタイプ(リセットスイッチ有り)の変更方法

フラットスイッチ付き

ダイヤルロックの裏側にリセットカバー

ライトロックトの番号変更方法

初めてお使いの方は注意

サムソナイトのスーツケースにおけるダイヤル解除の依頼は、新規に購入された方が「設定番号を変えようとして開かなくなってしまった」といった暗証番号変更中に起きるトラブルが多く有ります。
特にリセットスイッチが付いたTSAロックには注意が必要です。
ダイヤル番号が勝手に変わってしまうトラブルを防ぐ為の機能として「リセットスイッチ」が備わったTSAダイヤルは、番号変更をした後に必ずリセットスイッチを元の位置に戻す事を忘れずに注意して下さい

また、コスモライトなどに使われているフラットタイプのTSAダイヤルロックで、リセットスイッチが付いていないスーツケースは常に注意が必要です。このタイプはダイヤルの数字を揃えてオープンレバーを動かすだけの操作で簡単に番号変更が出来てしまいます。設定した暗証番号を常に合わせた状態でいると、スーツケースに何かが接触した拍子や小さなお子さんが興味本位でさわってしまった場合など「いつの間にか設定番号が変わっている」、という事が起きてしまします。

番号変更の失敗で開かない場合

暗証番号を変えたらダイヤルの解除が出来なくなってしまった場合は、お客様ご自身でダイヤルを「000~999」まで順送りして試すのが一番確実な解除方法になります。
設定したはずの番号で開かない時は、暗証番号が違うだけで壊れたわけではありません、無理矢理こじ開けようとせず落ち着いて一通り回してみる事をお勧めします。

一通り試しても解除できない時はカギのレスキューにご依頼下さい。他の鍵屋さんでも開けられないサムソナイトのダイヤル解除でも5分以内に壊さずお開け致します。
サムソナイトのスーツケース鍵開け料金

フリーダイヤルへ発信

ページの先頭へ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)