シリンダーの故障で鍵が空回り|原因と対策

シリンダーが原因で空回りを起こす鍵トラブル

鍵を挿し込む部分をシリンダーと言い、シリンダーの後部にある突出した平たい部品を「カム」と言います。この後部に接続されている「カム」によって、鍵を掛けたり開けたりする事が可能になります。
唯一錠前ケースと接触しているカムが最終的にデッドボルトを動かす伝導力になりますので、カムの破損が原因により「カギの空回り」というトラブルが起こります。シリンダーのカムは鍵の施錠、解錠を行う為のとても重要な部品になります。

カムの力でボルトを動かす

鍵を掛ける→デッドボルトが飛び出る=施錠された状態=ドアが開かない
鍵を開ける→デッドボルトが引っ込む=解錠された状態=ドアが開く

上記の様に鍵を掛けたり開けたりする度に錠前ケースのデッドボルトが飛び出たり引っ込んだりします、一連の動作として、「1鍵をシリンダーに挿し込み回す」、「2鍵が回るのと同時に内筒が回転」、「3内筒が回ればカムも回転する」、「4カムの回転動力で錠前ケースのデッドボルトを動かす」といった感じになりますが、この最後4番目に、ある筈のカムがもし、シリンダーに無かったらどうなるか?
デッドボルトを動かす伝導力がなくなる為、カギはクルクルと回転するだけで施錠も解除もされなくなってしまいます。

カムの長さと接続部が外れる故障

シリンダーを大きく分けると外筒と内筒に分離します。外筒はシリンダーに該当し、内筒はシリンダー(外筒)の中にあり鍵のコアの部分に該当します。そして、内筒の後部にはカムと呼ばれる部品が接続されています。
3つの部品は外筒、内筒、カム

シリンダーに付いているカムという部品は、扉の厚みや錠前の種類によって形状、大きさ、長さなどが異なり、また内筒とカムの接続のされ方もそれぞれ異なります。空回りなどの故障が起きやすいシリンダーの特徴は、カムの長さと接合部の設計に関係しており、短いのものよりも長さのあるほど壊れやすいと言えます。長さがあるカムは錠前に力を加えた時に接続部分に大きな負荷がかかります、それに伴い接続部の強度次第ではシリンダーからカムが外れてしまい鍵は空転状態になってしまいます。
カムは長さなど形状が違う

ここではカムの破損と言っていますが、カムそのものが折れたり、変形したりする事はほぼ有りません。実際には、内筒とカムの接続部が破損して取れてしまうトラブルの事になります。
内筒とカムの接続不良

カム破損の多くはチューブラ錠

例えば、シリンダーの種類にはチューブラ錠に装着するカギにチューブラシリンダーというものがりますが、カムの破損による故障はこのチューブラ錠のシリンダーで多く見受けられます。
チューブラ錠の故障が多い

主なチューブラ錠タイプのシリンダー

  • アメリカ製メーカーのKwikset(クイックセット)でTATAN(タイタン)になります、輸入住宅の玄関扉に使用されているシリンダー。
  • 国産メーカーのGOAL(ゴール)でAD(エーディ)シリーズ、KODAI(コダイ)のリヴィエールがあります。
  • サムラッチ錠(装飾錠、アンティーク錠)などにおいては、AGOAL(ゴール)のシャメール、ニース、オークなどのシリンダー、ALPHA(アルファ)のフローレンス、KODAI(コダイ)のプレジデント、ミラノ・モナコなどになります。

対策

内筒から単純に取れてしまっただけのカムであれば、元通りに取り付けて修理が出来ます、しかし接続部の劣化、損傷によって外れてしまったカムは、再び取り付ける修理が出来ません。また、接続部分の部品は単体では販売されておりませんので、シリンダーの鍵交換が必要になります。

シリンダーの鍵交換
【国内メーカー ¥10,800円~】
【TAITAN ¥15,000円~

「カギが空回り|鍵修理の価格」へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)