ダイヤル付きポストの扉が閉まらない原因は?

ポストが閉まらないのはダイヤルが原因

ダイヤル錠が付いている集合ポストや郵便ポストの扉が閉まらないといったお問合わせを頂く事があります。

ポストの扉が閉まらない主な原因は以下の理由が殆どです

  • ダイヤルの番号がズレてしまったから

ポストは、ダイヤルに設定されている暗証番号の数字を合わせないと開けることができません。また、閉めることもできなくなってしまいます。
通常であれば施錠されたポストから郵便物を取り出す時、一度ダイヤルの番号を合わせロックを解除してからポストを開けます。そして、郵便物をとったあとはポストを閉めてから、防犯のためダイヤルを回してロックします。しかしこの手順とは逆に、郵便物をだした後に直ぐにダイヤルを回してしまうことでポストは閉まらなくなってしまいます。もしポストが閉まらなくなった時は、ダイヤルの暗証番号を合わせてみる事をお勧めします。

施錠されない場合はダイヤル故障が原因

次に、ポストの扉は閉まったけど施錠する為に暗証番号とは違うダイヤルに動かしてもポストが開いてしまう場合。

主な原因は以下の理由になります

  • ダイヤル錠の故障が原因

設定されている番号とは関係のないダイヤルにしているにも関わらず、どの番号でもポストが開いてしまう場合はダイヤル錠が壊れてしまったと思って間違いないと思います。

ダイヤルの内部破損による故障は各部品の取替えが出来なため修理はできません。この様な状態で施錠させるためには、ポスト本体の交換をする必要はなく、ポスト錠のダイヤル交換だけで対応可能です。

郵便物の溜め過ぎはダイヤル錠の故障の要因

ポストから郵便物を出さずに溜め込んでいるとダイヤルの故障に繋がります。

ポストのダイヤル錠は施錠時に扉が開かない様にするため、ダイヤルのラッチを固定させてロックしています。郵便物をこまめに取り出してポストの中に余裕がある状態を常に保っていれば問題ありません。しかし、郵便物を取り出さずに溜め過ぎているとポストの中がパンパンになってしまいます。ポストの中が余裕なくパンパンな状態になると扉が圧迫されダイヤルのラッチに負荷を掛け続け故障の原因となってします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)