ダイヤル式金庫の開け方および回し方

ダイヤル式金庫の開け方

金庫のダイヤルの暗証番号はわかるけど、ダイヤル番号の合わせ方、回し方が解らない場合にご参考にしてください。

一般的に使われている金庫を大きく分けると手提げ金庫、家庭用の耐火金庫、業務用の防盗金庫があります。そして、それぞれすべての金庫にダイヤル錠がロック機能として使われております。
金庫の種類の違いと同様にダイヤルにも種類があり、外見では違いがわからないダイヤル錠は、通常のダイヤル錠、スーパーダイヤル錠、エール錠など防犯性能が異なり開け方も変わってきます。

回転方向と合わせる位置

ダイヤルを回転させる方向
金庫に付属されているダイヤル番号を控えたメモには「右4回70・左3回50・右2回30・左1回10」などと書かれている事があります。
日本製の主な金庫のダイヤルを回す順番は、右→左→右→左の順番でダイヤルを回転させますので、回転させる方向のスタートが時計回りになる事を意味しています。

番号を合わせる位置
次に設定されている数字を合わせる位置になります。
ダイヤルを時計として見た時に12時の位置に印がありますが、この印を基準にして右に回したり、左に回したりする事になります。
合わせるダイヤルの位置

ダイヤル操作の過程で間違えがあればダイヤルの解除がされませんので、再度最初からやり直しとなります。

上記の方法の回し方以外において、外国製などは左回しがスタートの金庫や、古い金庫の場合回数が左3回→右2回→左1回というのもあります。

ダイヤルの種類で回し方が違う

手提げ金庫の開け方
小型の手提げ金庫、キャッシュボックスについているダイヤルが1か所の場合の開け方。
ダイヤルの回し方は「一番目は右へ2回以上回し」最初の数字を印に合わせます、「2番目は左に1回」回して数字を印に合わせます。
左右に2ヶ所ダイヤルがある手提げ金庫はそれぞれのダイヤルを360度以上右に回してから番号の数字を印に合わせるだけになります。開ける時の順番は左右どちらからでも構いません。
kinko_img401

家庭用耐火・ホーム金庫の開け方(通常ダイヤル)
家庭用金庫についているダイヤルは4つの決まった数字を合わせて開けます。
ダイヤルの回し方は「一番目は右へ4回以上回し」最初の数字に合わせます、「2番目は左に3回」「3番目は右に2回」「4番目は左に1回」回し、数字を印に合わせてダイヤルロックが解除されます。最もポピュラーなダイヤル方式で一般家庭においてある耐火金庫です。
通常ダイヤル

スーパーダイヤルの開け方(キング工業 King CROWN)
家庭用、業務用金庫についているスーパーダイヤルは4つの決まった数字を合わせて開けます。
ダイヤルの回し方は「一番目は右へ360度以上回し」最初の数字に合わせます、「2番目は左に1回」、「3番目は右に1回」、「4番目は左に1回」回して数字を合わせるとダイヤルロックが解除されます。
スーパーダイヤルは通常のダイヤルと違い左右にそれぞれ1回ずつしか回転させません。ダイヤルを回す回数こそ少なくなってますが、ダイヤル精度の防犯性が高い為、通常ダイヤルと比べ安全性がアップしてます。これはキング工業特許の「キングスーパーダイヤル」になります。
スーパーダイヤルの特徴としては、メモリの形状がドットになている事とダイヤルを回した時に1メモリごとに「カチカチ・・・・」という音が聞こえます。
スーパーダイヤル

業務用防盗金庫のダイヤルの開け方(エール錠)
業務用金庫についているダイヤルエール錠は4つの決まった数字を合わせて開けます。
回し方としては「一番目は右へ4回以上回し」最初の数字に合わせます、「2番目は左に3回」「3番目は右に2回」「4番目は左に1回」回して数字を合わせてダイヤルロックが解除されます。
1メモリだけのズレでも開かない高精度に作られている為、番号がわからない状態から壊さずにダイヤルを解読し開けるには最も困難な金庫のダイヤル錠となります。

業務用金庫のエール錠の特徴としては、「1番目・2番目・3番目」に合わせた数字に間違いがなければ、最後の4番目は左に回した時に「8~10」の数字の位置で止まる仕組みになっています。間違いがあった場合には「8~10」では止まらずスルーされますので、再び最初からやり直しが必要になります。
*目印が2ヶ所ある場合は解錠用目印と番号変換用目印になり、12時の位置にある印が解錠用になります。(メーカーKing Crownが製造、OEMでクマヒラやエーコーも有り)
業務用金庫のダイヤル

最後に

ダイヤル式金庫の開け方に対するお問い合わせは、金庫メーカーへお電話して頂くようお願い申し上げます。
弊社では防犯上お電話での説明はしておりませんので予めご了承下さい。
また、どうしても開ける事が出来ないといった場合は、有料になりますが出張にてダイヤル解除に伺います。

主な金庫のメーカー

EIKO(エーコー)|KingCrown(キング工業)|SENTRY(セントリー)|Kumahira(クマヒラ)|ITOKI(イトーキ)|KOKUYO(コクヨ)|okamura(オカムラ)|SAGAWA(サガワ)|PLUS(プラス)|Daiamond Safe(ダイヤセーフ)|LION(ライオン事務機)

ページの先頭へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)