ボールペンのペン先などでファスナーを解して開ける方法がNGな理由

東京都練馬区の鍵屋
所在地:東京都練馬区上石神井3丁目

ファスナーで開け閉めを行うスーツケースが開かなくなってしまった時に開ける方法が、インターネット上で見る事ができます。それは、ボールペンのペン先などをファスナーに差し込みジッパーを解してスーツケースを開ける方法です。

防犯上あまり好ましくない様々な動画がネット上で見られますが、確かにこの開け方であれば簡単に誰でも開ける事ができてしまます。

しかし、開けるだけであれば良いかもしれませんが、ファスナーをバラして開けた後のことまで考えると決してお薦めできる開け方はないのでご注意ください

スーツケースの鍵ページはこちら

緊急時以外はNG

開けた後に閉める事ができない

ファスナーの持ち手はスライダー

ファスナー開閉タイプのスーツケースは、スライダー(持ち手金具)の動きによって開いたり閉じたりすることができます。これはケース本体の錠前にスライダーがセットされてない状態だからできる事になります。つまり、ロックされていない状態で解錠されているからです。

よって、ロックの解除をせずスライダーがセットされた状態のままジッパーを解してしまうと、開けたは良いがファスナーを閉じられずスーツケースそのまもが閉められなくなってしまいます。

以上の事から、ファスナーが開いたままの状態でスーツケースが使えなくても構わない、とにかく急いで中身を取り出す必要があると、言ったケース以外にはお勧めできる開け方とは言えません。

この方法で開けた後

ジッパーが綺麗にほつれてれば修復可能

ファスナーを解して開けた場合の対処方法。
ロックを解除しスライダーを錠から取り外してあげれば、スライダーを動かす事ができるようになります。後は、一度全開させて、全綴じできれば今まで通りの使用が可能になります。

但し、ジッパーの解し具合によって噛み合わせがうまくいかず閉じられない場合もあるのでご注意ください。

ページのトップへジャンプ