リモワの暗証番号をかえたら開かなくなった

暗証番号の設定ミスに注意が必要のリモワ

料金トラブルに注意

リモワのスーツケースに搭載されているダイヤルロックに、リセットボタンが付いた最新モデルが販売されました。

リモワのスーツケースには、すべてのロック機能に鍵としてTSAコンビネーションロックのダイヤルロックが搭載されています。リモワだけに限りませんが、ダイヤルロックは暗証番号の設定を自分の好みの番号へ変更する事が可能です。これらのダイヤルロックは1種類に限らずいろいろなタイプに分かれ複数の種類が存在しており、番号の変更方法もそれぞれ異なります。

他社メーカーのスーツケースには付いている事が多いリセットボタンが、今までには無かったリモワにも採用されました、これによりリモワを愛用されている方は暗証番号を変更する時に十分な注意が必要になってきます。

早速、リセットボタンが付いたダイヤル解除のご依頼を戴き、解錠作業を行ってきました。
リモワから2017年6月に販売されたばかりのモデル、「スーツケースにICタグが付いたサルサ・デラックス」。

リモワのICタグ付きスーツケース

解除の依頼理由は、購入したばかりのリモワのスーツケースで、暗証番号の設定を変更したらダイヤルロックの解除が出来なくなってしまったという、ここまではよくある案件になります。
しかし、いつものリモワの鍵開けとは違いスーツケースを見てみると、TSAダイヤルロックにリセットボタンが付いているニュータイプでした。

TSAロックにリセットボタンが搭載

暗証番号を変更する時にやってはダメな事

リセットボタンが付いたTSAコンビネーションロック搭載のリモワのスーツケースを使用している方はお気を付け下さい。まず、暗証番号の設定を変更する場合、取扱い説明書に記載されている「暗証番号の変更方法」に必ず目を通す事をお勧めします。

「番号の変更時、変更直後にこれだけは絶対にやってはいけない事」

  • ファスナーの金具を挿し込み口にセットしてはダメ!

暗証番号変更でやってはダメ

ダイヤルの暗証番号を変更する時はファスナーの金具をはめないで行うなうのが正しい変更方法になります。
番号変更が間違いなく設定されたか確認をしないうちに金具をはめてしまうと、万が一、設定した番号が間違っていたり、ミスってしまった場合にダイヤルの解除が行えずスーツケースを開ける事が出来なくなってしまいます。

しっかりと間違わずに番号変更がされたかどうかは「解除レバーの動きで確認」する事が出来ます

【例】番号変更確認方法の手順

  1. 例えば「000」から「777」へ番号を変更しました
  2. 確認の為、一度適当な数字にダイヤルをズラします
  3. 「777」へダイヤルを揃え解除レバーをスライドさせます
  4. 確認の結果は以下のどちらかになります

【解除レバーがスライドする=開く】問題無く設定されました

【解除レバーが動かない=開かない】間違った番号で設定されました

と、いった方法で確認する事が可能です。

ダイヤルの解除が出来ず開かない原因

先ず、リモワの暗証番号の変更方法は、リセットボタンを押した後、新しい暗証番号にダイヤルを合わせ、最後に解除レバーをスライドさせます。最後の工程後に凹んだリセットボタンがピョコンと元の位置に戻れば設定完了の合図になります。

リセットボタンが付いたTSAコンビネーションロック搭載のリモワは、暗証番号の設定が完了していない途中の状態でファスナーの金具をセットしまうとダイヤルの解除が出来なくなってしまいます。つまりは、スーツケースが開けられなくなるので注意が必要になります。

ダイヤル解除が出来ない原因

では、「ダイヤル設定が完了していない状態とはどういう状態なのか?」

リセットボタンを押してダイヤル番号を変更したただけでは、まだ設定が終了した事にはなりません、この時、リセットボタンは凹んだままの状態になっているはずです

ファスナーの金具がセットされていれば全く問題は有りません。しかし、リセットボタンが凹んだままの状態でファスナーの金具をセットしてしまうと、設定完了がしていないダイヤル錠は空転状態になってしまい、暗証番号の認識が行えなくなり解除が出来なくなる原因になります。

この状態になってしまうと、「000~999」までの組合せ番号すべて合わせてもダイヤルロックの解除は出来ません。

ダイヤル解除が出来なくなった時の対処法

もし、上記述の様なケースでどうにもならない場合の対処方法は、「鍵穴を回し強制解錠」をしてリセットする事しか方法は有りません。

鍵穴をピッキングで解錠

しっかりとリセットがされたなら、ファスナーの金具が挿し込み口から外れ、同時にリセットボタンも元の位置戻されます。その後に変わっているであろう暗証番号の解読を行いダイヤルロックの解除ができれば、通常のご使用が可能になります。

リモワが搭載しているTSAダイヤルロックにはTSA006タイプのディンプルキーが使用されいます。このディンプルキーは防犯性が高くピッキングによる不正解錠が非常に困難な鍵になります。
マスタキーを持っている米国税関のTSA保安係員であれば難なく解除する事ができますが、ピッキングによる技術方法で開ける術が無い鍵屋にとっては壊して開ける業者が殆どです。

しかし、弊社ならリセットボタン付きのリモワのスーツケースのおいて、暗証番号の変更を失敗して開かなくなってしまった場合も壊さずに解除する事が可能です。

開かなかった場合は開錠費無料

カギのレスキュー車は24時間営業の鍵屋

リモワの鍵開けサービス可能なエリアのご案内。
緊急なトラブルも東京都内(一部地域を除く)において24時間営業してます。
カギのレスキューは全国展開をしている鍵屋とは違い、東京都のみが出張範囲になります。ご依頼の際には下記地域を参照、また詳しくは出張地域をご覧ください。鍵トラブルでお困りなら到着時間、作業料金の御見積りなどお気軽にご相談下さい。

 

友だち追加

【指定出張地域】金額はサイト表示価格
東京23区

  • 板橋区|北区|渋谷区|新宿区|杉並区|世田谷区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|目黒区

多摩地区

  • 清瀬市|国立市|小金井市|国分寺市|小平市|狛江市|調布市|西東京市|東久留米市|東村山市|東大和市|府中市|三鷹市|武蔵野市

【特別出張地域】表示金額+¥0円~プラスアルファ

  • 足立区|荒川区|大田区|江東区|墨田区|品川区|千代田区|中央区|台東区|港区|昭島市|あきる野市|稲城市|青梅市|立川市|多摩市|八王子市|羽村市|日野市|日ノ出町|福生市|瑞穂町|武蔵村山市

*スマートフォンからご覧の方は画像をタッチで発信できます

フリーダイヤル 0120-69-0948

代表電話 03-5991-0752

ページの先頭へ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)