安否確認による鍵開け|住人と連絡が取れず部屋のカギを開けたい

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を

安否確認によるお部屋の鍵開け依頼を24時間にてお受けしています
安否確認とは、ご家族、ご友人、会社の同僚などと連絡が取れなくなり、心配で家の鍵を開けて部屋の中を確認したい場合におけるサービスになります。東京都内で暮らしている家族と連絡がつかず、安否の確認をしたい遠方で暮らしている親族の方からのご依頼も休日、夜間を問わず受け付けております。

賃貸アパートやマンションの場合であれば管理会社にスペアキーがあるかも知れませんが、夜間や休日で管理会社と連絡が取れない状態。又は合鍵はあるけど、住人である本人が鍵を交換していて開けられない、このような時には迅速対応の当社で鍵開け作業の対応を行います。
お部屋の安否確認による鍵開け対応、料金についてのご相談お気軽にご相談ください。

警察官立会いの必要性

当社においては、安否の状況がわからない緊急性もあることから、警察官の立会いがあれば無条件でお部屋の開錠依頼を受け付けておりますのでご安心ください。例えば、東京都内に一人暮らしをしている家族と連絡がつかなくて不安だから部屋を開けてほしいといった場合。遠く離れた場所にお住まいのご家族からのご依頼でもお電話だけで対応いたします。

当店では近隣の交番または所轄の警察署と連携をとり対応しております。

次の場合は必ずしも警官の立会が必要というわけではありません

1.ドアチェーンやドアガードのみ鍵開け。
(合鍵がある為扉の鍵は開けられる状況)
2.親御様が契約者で住人がお子様などの場合。
(賃貸アパート、マンションなど契約者ご本人の立会いが可能)

住人との関係性の確認

安否の確認をされる方(ご依頼者様)によって鍵開け対応および解錠後の対応が異なりますので、ご相談の際には必ず住人との関係性をお伝えください。

また、部屋を開錠した後、住人が不在で安否の確認が出来なかった場合は扉の施錠が必要になりますので予めご了承ください。これは、住人が帰宅するまで鍵を開けたままの状態にはしておけない事が理由です。また、状況によってはカギの交換、作成をする事が可能です。

【ご親族お立会い】
例えば、賃貸アパート・マンションの場合、賃貸借契約者ご本人の立会いの場合は、賃貸契約書、身分証などの提示をお願いしています。

【ご親族以外の方お立ち合い】
親族の方が立ち会うことができず友人や会社の同僚者、福祉関係者の方がお立ち合いをされる場合は、警察官にも同行していただき立会いの下作業をさせていただきます。

鍵のトラブル出張可能地域【東京都】

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を

安否確認による鍵開けサービス可能なエリアのご案内。
鍵の紛失による開錠や鍵作成、故障などの鍵修理や鍵交換、緊急なトラブルも東京都内(一部地域を除く)において24時間営業してます。カギのレスキューは全国展開をしている鍵屋とは違い東京のみ出張範囲になります。御依頼の際には下記地域を参照、また詳しくは出張地域をご覧ください。
鍵トラブルでお困りなら到着時間、作業料金の御見積りやご相談をお気軽にお電話下さい。