洗濯機が振動で動いた、ドラム式の蓋が原因でドアが開きません!

洗濯機が原因でドアが開かない

洗濯機が原因でドアが開かない!
押し扉を開けた戸先側すぐ横にある洗濯機がドアに当たってしまい、内側に開く扉が開かないトラブルでお困りの時は、24時間営業の鍵屋「カギのレスキュー車」にお任せください。

重量がある洗濯機が扉を塞いでるブロック状態では、ドアを壊さず開けるのが非常に厳しい作業になると言えます。弊社で対応させて頂く場合、ドアの開き具合など十分な聞き取りをおこなった後お受けさせていただきます。

料金案内

料金の詳細はこちらをクリック
出張対応地域や料金詳細については画像をタップしご覧ください

洗濯機が原因で開かない押し扉、引戸のドア開け費用は、状況聞き取り後のご案内になります。また、夜間料金、現地駐車場の有無、指定地域以外が現場になる場合は別途追加費用をご請求させていただきます。
*表示金額は税抜き価格

解錠料金 ¥9,000円〜

カギのレスキュー車では、電話・メールでお伝えした以上の料金を現地にてご請求する事は一切ありませんのでご安心ください。

メール見積り案内ページへ

お急ぎ場合はお電話ください!

フリーダイヤル番号
代表連絡先番号

洗濯機の設置に注意

設置方法が原因で扉が開かない

洗濯機の設置方法に注意
洗濯機が振動で動き扉を塞いでしまうトラブル

洗濯機の設置方法によって扉が開かなくなってしまう理由とは何か?原因は“振動”になります。
洗濯中の僅かな振動で少しずつ洗濯機が動いてしまい、扉が開く妨げになることがりますので注意が必要です。

まず、洗濯機を置く床に洗濯機台が設置されている場合。
台自体は固定されてるので振動で動くことはありませんので、土手のある台から洗濯機がはみ出ずしっかり枠内に置かれていればこの様なトラブルが起こることはないでしょう。しかし、サイズが合わずほんの僅かでも土手を超えて設置していると、稼働中に洗濯機が動いてしまいドアの前まで来てたたずむ状態となってしまいます。

次に、洗濯機を床に直接置いてる場合、またはビニール製のフローリングマットを敷いていても同じ事と言えます。
柔軟性が無い固い床の上に振動する物を置くとあちこち動き出すのと一緒で、どんなに重たい洗濯機でも連続する細かな振動で動くことがあるのでご注意ください。

洗濯台がなく直接床に置く場合の対策として、洗濯機の足の下に滑り止めのゴム台などを置くとよいかもしれません。

ドラム式洗濯機に注意

ドラム式洗濯機が原因で押し扉が開かない

ドラム式洗濯機の蓋に注意
ドラム式洗濯機の蓋が飛び室内扉につっかえてしまうトラブル

ドアを塞いでしまう原因はドラム式洗濯機の“蓋”。正確には、しっかり閉めず中途半端な状態で蓋を開けておくことでブロックされてしまいます。

ご存知の通りドラム式の洗濯機は、蓋が真上ではなく住宅の開き扉と同じ様に横から手前に開きます。完全に閉めずにいたとは言え蓋が勝手に動いてしまう原因まではわかりませんが、換気扇による空気の流れや微妙な部屋の傾き加減などの理由が考えられるかもしれません。

対策として、出入り扉の近くドラム式洗濯機を置いてる方は、洗濯物の出し入れが終わったら蓋をしっかり閉めるよう注意しましょう。

カギのレスキュー車
ページのトップへジャンプ