玄関ドアガード・ドアバーが開かない鍵開け¥7,000円から対応

玄関ドアガード(ドアバー)が、部屋の内側からロックされて家の玄関扉が開かないトラブル対応します。マンション、アパート、団地や戸建住宅、どの家の玄関ドアでも、ほぼ使用されているドアガード・バーは、通常なら部屋の中に誰かがいないと掛ける事が出来ない内鍵錠になりますが必ずしもそうとは限りません。

*一般的なドアガード開錠の場合であれば壊す事無く開ける事が可能ですが、暗証番号入力タイプのデジタルドアガード、錠前ケース一体型のドアアームをお開けする場合は切断による開錠になる事もございます。

料金案内

ドアガード、ドアバーを開ける費用はメーカーや鍵の種類および個所数で変わることはありません。但し、夜間料金、現地駐車場の有無、指定地域以外が現場になる場合は追加費用をご請求させていただきます。*表示金額は税抜き価格

ドアガードの解錠料金 ¥7,000円
扉が全く開かない場合 ¥12,000円

料金の詳細はこちらをクリック
出張対応地域や料金詳細については画像をタップしご覧ください

通常地域が現場住所の場合、工事状況によって追加料金が発生する場合があります。お電話、メールにてお問い合わせ頂いた際、必ずその都度正式な料金案内をさせて頂きます。

メール見積り案内ページへ
フリーダイヤル番号
代表連絡先番号

故障が原因

緩くてブラブラしてると危険な状態

ストッパーの故障

ドアガードの故障が原因の場合。
正常なドアガードは、起こしたり寝かしたりするのにある程度の力が必要になります。これは扉が勢いよく閉まっても勝手にロックされないようストッパーと呼ばれる部品が機能しているからになります。ストッパーにはバネやクリックボールなどが使用されていますが、故障や経年劣化などでこれらストッパーの役割がしなくなる事でアームがグラグラになってしまいます。

*壊れてグラグラになったドアバーの修理は出来ませんが、ドアガード本体の交換で対処が可能です。

ペットが原因

猫や犬を飼っているお宅では注意が必要

ペットが原因

ドアガードの鍵開け依頼の中でも少なくはないトラブルです。部屋の中で飼っているペットの猫や犬たちがジャンプしてアームを動かし、ドアガードをかけてしまう事例になります。なかなか予想もつかない鍵トラブルになりますが、マンションやアパートなどペットだけで留守番をするよう機会がある住人の方は要注意です。

*対策方法はドアバーに養生テープなどを使用してアームを固定する。また、玄関と部屋との間にある間仕切りドアがあれば、玄関まで来られないよう扉はしっかり閉めておくと良いかもしれません。

ドアガード付きケース

ドアバーと本体ケースが一体化された錠前

ドアアーム付き錠前

鍵が閉まっている状態からサムターンを90度回転させると開錠され、45度回転させるとアームが飛び出しドアガードがかかる仕組みです。カギの操作または室内側サムターンの操作で行うアームが内蔵された一体型の錠前ケース。アーム駆動部の汚れや故障などにより、開錠したのにアームが本体ケースに収納されないままロックが解除がされず、扉が開いてもドアガードが引っ掛かりドアが完全に開かなくなる事があります。

*開かなくなってしまった場合は最悪アームを切断し扉を開けます。具体的な対処法はなく、あまり長く使われているようであれば錠前交換での対応が可能です。

空き巣泥棒?

住人とはち合わせないよう発見を遅らす

住人が留守の間に忍び込み空き巣を行う泥棒は、発見を遅らすためにドアガードを掛けたまま部屋を物色しています。こうする事で住人が帰宅しても直ぐには部屋の中に入れないようにして時間を稼ぎます。
帰宅時にまだ侵入者が家の中にいる可能性があります、玄関ドアの他にベランダや勝手口などの出入り口がある造りの建物(戸建住宅やマンション、アパートの1階が部屋)にお住まいの場合は注意してください。

出張可能地域【東京都】

内鍵ドアガードの鍵開けサービス可能なエリアのご案内。
鍵の紛失による開錠や鍵作成、故障などの鍵修理や鍵交換、緊急なトラブルも東京都内(一部地域を除く)において24時間営業してます。カギのレスキュー車は全国展開をしている鍵屋とは違い東京のみ出張範囲になります。

練馬区の鍵屋カギのレスキュー車
ページのトップへジャンプ