新品の商品と偽り中古品を使い鍵交換を行う業者にご注意!

住宅ドアのシリンダー鍵交換を業者に依頼した際に受け渡される鍵の本数は、シリンダー1個につき最低でも標準キーとして純正キーが3本になります。

新品シリンダーには標準キーが3本以上!

しかし、同業者の中には他工事で引き上げた使用済み中古品を新品の錠前シリンダーと偽り鍵交換をしている、悪質な業者が少なからず存在しています。

交換料金を安くする為の行為として中古品の使用を説明し予め了承を得たのならまだしも、その説明も無しに行うのは単に商品代を浮かす為の詐欺行為、直接、鍵業者からカギを受け取った際に鍵が2本以下しか手渡されかった場合は要注意!

手渡された鍵本数が少ない理由

マンションやアパートなどの賃貸住宅などでは部屋の貸主になるオーナーや合鍵を管理する不動産会社さん、管理会社さんに標準キーを1本もしくは2本預ける事があります。この様な場合、入居者が受け取れる鍵本数は必ずしも標準本数とは限りません。(賃貸でもJKK管理物件の供給公舎、UR賃貸、団地などでは合鍵を入居者以外に渡す事はありません。)

賃貸ルームにおける受け渡し鍵本数3本の主な内訳

  • オーナー、不動産屋さん又は管理会社さん→1本または2本
  • 入居者→2本または1本

鍵交換業者から入居者にカギを手渡す時に標準本数より少ない場合、少なくなる理由を必ず説明する事と思います。

鍵の種類によっては出荷時本数が違う

主な一例

  • KABA|日本カバ
    カバスターネオシリンダー(標準キー5本付)
  • ALPHA|アルファ
    FBロックシリンダー(標準キー5本付)
    刻みピンシリンダー(標準キー3本付)
  • FUKI|フキ
    TIAERKEYシリンダー(標準キー3本付)
    TIAERKEYシリンダー・古代TXタイプ(標準キー5本付)
  • MIWA|ミワ
    U9シリンダー(標準キー3本付)
    U9シリンダー2個同一(標準キー6本付)

以上の様に、どのメーカーも1個のシリンダーにつき標準キーは3本以上の数で販売しています。異なる錠前メーカーや錠前メーカーの同じ商品でも鍵の種類によって出荷時標準本が異なることはありますが、新品商品の出荷時鍵本数が2本以下しか無い錠前を販売しているメーカーなど決してありませんのでご注意下さい

メールで交換見積もりお受けしてます

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を

LINEメールからの料金お見積りも24時間受付中!
(交換先の住所は”~区”、”~市”になるか及びメーカー名と品番名を教えて下さい。ドアの錠前画像があればほぼ正確な金額でお答え出来ます)

友だち追加

お急ぎの場合はお電話にてお問合わせ下さい。

鍵交換対応地域は東京都内(東京23区・多摩地域)になり、出張場所により追加費用が発生します。

ページのトップへジャンプ