3桁ダイヤルロックの暗証番号を変えたい!変更・設定する方法

東京都練馬区の鍵屋
所在地:東京都練馬区上石神井3丁目

3桁ダイヤルロックの番号を変更したいけど変え方がわからないという方は付属の取り扱い説明書をお読みください。説明書が無いという方は参考程度にご覧ください。

ダイヤルロック設定の変え方を教えて欲しいといった多くの問い合わせを頂きますが、ダイヤル錠の画像を送っていただけない限りお電話のみでの受け答えは一切しておりませんので予めご了承ください。

実物が見られない状況で操作説明をするとダイヤルロックの解除が出来なくなってしまう恐れがある為。下記で紹介している説明方法ではわからない場合は、メーカーへ問合わせて頂く事をおすすめ致します。

スーツケースの鍵ページはこちら

どうしても設定した暗証番号がわからずダイヤルロックの解除ができない時は出張鍵屋にお任せ下さい。一部地域を除く東京都内なら、壊す事なく解錠時間5分以内で現地に伺います。

メール見積り案内ページへ

お急ぎの場合、鍵開け依頼はお電話にて24時間承ります

フリーダイヤル番号
代表連絡先番号

ダイヤル変更の設定方法に注意

ダイヤルロックが解除ができる暗証番号がわからないとダイヤルのリセット・変更・設定は一切出来ません!

これは、全く関係のない第3者によって設定番号を変えられてしまうとケースを開ける事が出来なくなってしまうの防止する為。

スーツケース出荷時の初期設定・暗証番号は【000】
ダイヤル番号変更はダイヤル錠によって設定方法が全く異なります。100種類以上あるダイヤル錠を大きく分類すると、主に6つの変更設定方法があります。
メーカーやシリーズが同じキャリーケースでも、製造販売の時期が異なることでダイヤル錠が変更されてるケースがあります。また、似た様なダイヤルロック錠でも変更・設定の仕方が違うことがありますのでご注意下さい。

複数種類あるダイヤル錠の主な特徴

番号変更を行う前に最初に必ず行ことは”リセットスイッチ”、”切り替えレバー”の有無をチェックする事!

リセットスイッチとは”●や□”の形をしたもので、暗証番号変更の時に使用するスイッチです。ダイヤル錠の表面や側面などをご覧いただくとリセットスイッチが有るか無いかの確認がおこなえます。

リセットスイッチ「有り」のダイヤル錠は【D・Eタイプ】 (ボールペンなどのペン先を使用します)

【Dタイプ】の特徴は、スイッチを1度押して離した後に”カチッ”と音がして凹んだまま
【Eタイプ】の特徴は、スイッチを1度押して離した後に”スー”と押す前の状態に戻る

リセットスイッチ「無し」のダイヤル錠は【A・B・C】

【Aタイプ】の特徴は、スライド式解除レバーで丸、四角、ヒョウタンなど形が様々、ソフトフレームケースのファスナー(ジッパー、チャック)で開閉
【Bタイプ】の特徴は、左右2か所にダイヤル錠が有り四角い解除レバーとダイヤルとラッチが横並び、ハードフレームケース
【Cタイプ】の特徴はとくに無し、プッシュ式解除ボタンでハードフレーム・ソフトフレームファスナー開閉ケース両方あり

切り替えレバー「有り」のダイヤル錠は【Fタイプ】

【Fタイプ】の特徴は、ハードフレームケースでダイヤル錠の裏面に切り替えレバーが有り

ご自身がお持ちのキャリーケースのダイヤル錠にある特徴を確認し、6つのタイプのどれに該当するか比べてお試し下さい。*写真は参考程度で特徴を優先、似通ったダイヤル錠が複数存在しているので注意!

【Aタイプ】

スライド式解除レバー

解除レバーだけで変更・設定
  1. 解除レバーを止まる処までスライドさせたらストップ(状態キープ)
  2. スライドさせたままダイヤルを好きな数字に変更
  3. ダイヤルを変更し終えたらレバーを元の位置に戻して設定完了
    (レバーが戻らない時は指で戻す)

【Bタイプ】

スライド式解除レバー(左右2か所有りレバーは内側へ)

解除レバーを内側へスライド
  1. 解除レバーを内側にスライドさせる(状態キープ)
  2. スライドさせたままダイヤルを好きな数字に変更
  3. ダイヤルを変更し終えたらレバーを元の位置に戻して設定完了
    (正常であれば指を離せば自動で戻ります)

【Cタイプ】

プッシュ式解錠ボタン

解除ボタンを押したまま変更設定

  1. 解錠ボタンを押します(状態キープ)
  2. ボタンをおしたままダイヤルを好きな数字に変更
  3. ダイヤル変更し終えたらボタンを元の位置に戻して設定完了
    (正常であれば指を離せば自動で戻ります)

【Dタイプ】

Rスイッチ有りダイヤル錠(表面や側面に□や●)

リセットスイッチを1度押す
  1. リセットスイッチを1回押します(スイッチは凹んだ状態)
  2. ダイヤルを好きな数字に変更します
  3. 最後に解除レバーまたは解除ボタンを操作して設定完了
    (正常であればスイッチがカチッと元の位置に戻ります)

【Eタイプ】

Rスイッチ有りダイヤル錠(表面や側面に□や●)

リセットスイッチを押したまま
  1. リセットスイッチを押します(状態キープ)
  2. スイッチを押したままダイヤルを好きな数字に変更
  3. ダイヤルを変更し終えたらスイッチからペン先を離して設定完了
    (正常であれば指を離せばスイッチは自動で戻ります)

【Fタイプ】

切り替えリセットレバー有り(ダイヤル錠の裏面、裏側)

ダイヤル裏面に切り替えレバー有り
  1. 切り替えレバーを逆方向へ切り替える(OFF⇔SETやA⇔B)
  2. ダイヤルを好きな数字に変更
  3. 切り替えレバーを元に位置に切り替えて設定完了
    (切り替えレバーの戻し忘れに要注意)

開かなくなった時の解錠費用お見積りはこちら

キャリーケースの番号変更ミスによって開かなくなった場合の解除に緊急対応!カギのレスキュー車では、全国展開をしている鍵屋とは違い東京都のみが出張範囲になり、それぞれの地域によって鍵開け料金が異なります。お電話での料金見積り無料にて24時間受け付けています。

鍵開け対応地域は一部地域を除く東京都内(東京23区・多摩地域)になり、出張地域で料金が異なります。

料金の詳細はこちらをクリック
お電話またはメールでお見積もりした金額以外の請求はしておりません。

暗証番号の変更、設定の方法そのもが特に難しいものではありません、ですがわからないまま適当な操作をおこなうと設定ミスにより、ダイヤルロックの解除ができなくなりますので十分な注意が必要です。また、後に起こるかもしれない「ダイヤルロックの解除ができずにキャリーケースが開かない鍵のトラブル」を防止する為にも、暗証番号の設定の方法を覚えておくことをお勧めします。

尚、ダイヤルロックの解除方法に関するご質問には一切お答えしておりません。また、ダイヤル変更に関するお問い合わせについては、お電話だけでの対応は致しかねますので必ずダイヤルロックの画像をお送り下さいますようお願いします。

ページのトップへジャンプ