年末の大掃除、お風呂の浴槽洗いにご注意!

お風呂のバスタブ清掃で浴室ドアが開かない!

いよいよ今年も終わりに近づき年末の大掃除の時期がやってきました。

普段、こんなところまで掃除はしないという人でも、大掃除となれば「ヨシやるか!」、と行動を起こす場所がいくつかある事と思います。

その中の一つに「お風呂の浴槽(バスタブ)」はありませんでしょうか?

年末のお風呂の大掃除

鍵屋の仕事がら、普段の月でも少なくはない浴室ドアが開かなくなってしまい開けて欲しいといったドアの開錠依頼。

浴室ドアの開錠理由の多くは「錠前の故障によって扉が開かない」、いわゆるラッチ故障と呼ばれるもので、鍵が掛かっている訳ではないのにドアノブを回しても扉を開ける事が出来ない症状です。

また、間違って内側のボタンを押してしまいカギをかけてしまい浴室ドアが開かないといったお問合わせも少なくありません。しかし、お風呂の扉の錠前に付いている鍵には、非常時にコインやマイナスドライバーなどを使い外側からでも鍵の解除をして開ける事が出来る、非常解錠装置が付いているため殆どが電話で解決します。

そして、たまにではありますが、お風呂の掃除中にバスタブのカバー(エプロン)が扉の前で倒れてしまい開けられなくなったという開錠依頼です。

浴室カバーが原因で扉が開かなくなる?

年末のこの時期になると増える開錠依頼の原因は浴室カバー

浴室カバーが原因

お風呂に入る時、浴槽にお湯を溜める前に浴槽の中を洗う事はみなさんしているでしょう。しかし、普段から浴室槽のカバーを外して、外側まで洗う人は多くはないのではと思います。ましてやカバーが外れる事すら知らない人もいる事でしょう。

*バスタブそのものの交換が可能な浴室槽は、エプロンと呼ばれる浴室カバーが付いており、誰でも簡単に取り外しが出来るようになっているのです。

  • 浴室カバー(エプロン)の横幅は、バスタブの横幅とほぼ同じピッタリの長さになります
  • お風呂ばの中の横幅は、バスタブの横幅と同じ長さになります
  • お風呂のドアは構造上、浴室内側に開くよう建付けられています

以上の条件から、バスタブから外れて倒れた浴室カバーは、お風呂の中のスペースを塞いでしまい内開きである浴室のドアが開かなくなってしまう事が起こります。

お風呂場の掃除で浴室カバーを取り外した場合、浴室内に立てかけて置くのではなく、浴槽の中に入れて置くかお風呂場の外に置くのが好ましいでしょう。

浴室ドアが開かなくなったら24時間対応の鍵屋までお電話を

この様なエプロンによって開かない扉の開錠作業は、時に錠前故障による開錠に比べ非常に困難な場合があります。

自分でなんとか開けようと試みても開かない時は、緊急な浴室の鍵トラブルを24時間対応している鍵屋「カギのレスキュー車」にお任せ下さい。

開錠料金がいくらになるのか?到着時間はどのくらいかるのか?お電話にて詳しくお答え致します。

平日、休日問わず営業、夜中・深夜の作業も受け付けていますので、お気軽にお電話ください。

開かない浴室扉の開錠料金はこちらから

 

TSAロックのブランクキーに新番が登場

TSAロックの新ブランクキー登場で鍵作製が可能!

スーツケースの鍵作成は出来る?

主にスーツケースの鍵として使われてるTSAロックの鍵作製が、今までは部材が無い為に出来なかったタイプでも作製可能になりました。

一般的な刻みキーであれば殆どのスーツケースのカギを作製する事が出来ます。しかし近年販売されているスーツケースにはTSAロックの錠前が搭載されており、日本国内で流通しているカギよりも一回り小さくて薄いカギで製造されているTSAロックの場合、非常に難しい作製作業になる事がある為一部の種類しかお受けしておりませんでした。

TSAロックの鍵に新番が登場

この度、TSAロックのカギの部材となる5種類のブランクキーが新番として販売された事により、過去お断りしていたTSAロックが搭載されてるスーツケースのカギ作成が可能になりました。

開錠は部材無しで可能でも鍵の作製には部材が必要

2001年以降にTSAロックが装着されたスーツケースが販売されてから、しばらくの間ブランクキーの存在が無かった為、スーツケースのTSAロックを開ける(解除)事が可能でも鍵作製は出来たりできなかったりとし、仮に作製が出来た場合でもスーツケース以外で使用されるブランクキーを加工しながらの作製という事も有り非常に手間がかかる作業でした。

アメリカ国内でしか認可されていないTSAロックは、全世界で販売されているほぼ全てのスーツケースに搭載されている鍵になります。日本国内では認可されていない事も有り、国内では合鍵を作製する際に必要となるブランクキー(部材になるカット加工される前のキーの事)の流通がありませんでした。そういった理由から、スーツケースの合鍵作製(複製キー、コピーキー)や鍵を全部なくした為の鍵作製を鍵屋さんに依頼したところで断られるケースが多かったのです。

一部のTSA002が装着されたスーツケースの鍵作製が可能に

同じTSA002でも鍵形状は違う

数年前に一社の錠前メーカーがTSA002に対応したブランクキーを製造販売した事により、一部のTSA002の鍵作製が可能になりました。

しかし、「TSA002」は、同じ種類でもカットパターンの組合せだけではなく、鍵の形状が異なったものが十種類以上存在しています。カギを見ただけではその違いに気づきませんが、スーツケースにある鍵穴の形状を見ると一目瞭然です。こう言った理由から、1種類しか無いブランクキーで全てのTSA002のカギが作製可能かというとそうとばかりは言えません。

TSAロックには鍵の種類に「TSA001」、「TSA002」、「TSA006」、「TSA007」など、この他数種類のタイプが有り、それぞれの種類によって鍵の形状が異なります。この為、TSA007が装着されたスーツケースの鍵穴に、形状が異なるTSA002のカギを挿し込もうとしても入らない理由になります。

鍵作製が可能どうかのお見積り方法

弊社では、スーツケースの鍵を紛失した事によりスペアキーが1本も無い状態でも鍵穴からカギを作製致します。

鍵作製の料金は出張場所や時間帯で異なります、また、作製出来ない鍵もございますので予めメールにて種類の確認をさせて頂きます。

スーツケースの鍵作成の確認・見積り方法はこちらから

スマートスーツケースの機内持ち込み禁止国

スマートスーツケースでの渡航に注意

スマートスーツケースを飛行機内に持ち込む事を禁止する航空会社が発表されました

実施予定は、2018年1月15でアメリカの航空会社3社によるもので、アメリカン航空アラスカ航空デルタ航空などになります。さらに、サウスウエスト航空やユナイテッド航空も近々持ち込み禁止を発表する予定だとされています。
これは、小型の機内持ち込み可能なスーツケースでも大型の預入用のスーツケースでも双方に該当するとの事です。

各航空会社がスマートスーツケースの持ち込みを禁止とする主な理由は、機内でのバッテリー発火のリスクを避ける為というもの。

スマートスーツケース自体に問題が無くても内蔵されているリチウム電池がNGという事で、バッテリーさえ外してしまえば問題なしとされてはいます。アメリカへの渡航にスマートスーツケースを持って行かれる方は、ラップトップの様に簡単に充電器が脱着出来るスマートスーツケースを購入される必要がありそうです。

スマートスーツケースとは

スマートスーツケースとは、GPS機能による位置追跡が可能な事や充電用バッテリーを搭載したスーツケースの事。USBポートの搭載によりスーツケースでスマートフォンやカメラ、パソコンの充電が出来たり、スマートフォンアプリとの連携によりBluetoothでスーツケースの鍵を解除や施錠などを行う事も可能です。

スーツケースでスマートフォンなどの小型電子機器の充電が可能

スーツケースで充電可能

スマートフォンアプリでカギの解除及び施錠が可能

スマートフォンアプリで解除施錠が可能

GPS機能によりスーツケースの位置確認が可能

スーツケースの位置確認が可能

類似したサイト名に関してご注意

弊社の会社名は「カギのレスキュー車」になりまして、全国展開などしている鍵屋(業者)とは違い、東京都内のみを出張サービスとして行っている24時間営業の鍵屋です。

ホームページにタレントを起用した宣伝はしておりません。

鍵のトラブルにおいて対応できないものございますので予めご了承ください。

テレビ出演などしておらず、撮影や取材の依頼も一切お断りをしています。

 

類似したサイト名に「鍵のレスキュー」という業者が有りますが、弊社は一切関係がありませんのでお間違いないようご注意下さい。