家の鍵が開かなくてお困りの時にいくらになるか料金を調べる方法

カギのレスキュー車は24時間営業の鍵屋
所在地:東京都練馬区上石神井3-14-12

家の鍵を失くしてしまい、その時に開けてもらった鍵開け業者に3万も5万も支払ったけどこんなにするの?
これは、弊社のホームページに提示している家の鍵開け12000円をご覧になったお客様からのご相談で聞かれる他業者の解錠料金になります。

特に決まった相場のない鍵開け業者では、それぞれお店によって部屋のカギを開ける料金は全く異なり、ネットで金額を調べようにも吊用に表示された低価格の不正確な金額ばかりでを確かめる事はできません。

多くの業者は鍵の防犯性能の違いや施錠個数で解錠料金を変えています。この事から、現在お客様がどの様な鍵を使用されているか解りさえすればお電話だけで正確な解錠料金をお伝えする事が可能です。しっかり伝えたにも関わらず曖昧な料金提示しかできない鍵屋であれば高額請求されると思って間違いないでしょう。

”現場見積もり、鍵の状況で開錠料金が変わります“という鍵屋には要注意。現地で高額請求される事間違いない無し!

防犯性の違いで金額が違う

玄関ドアに付いている鍵の種類で解錠料金が異なります。
鍵の種類とは、メーカーや機種によって防犯性の高さがそれぞれ違い簡単に開けられる鍵、開けられない鍵が存在してます。

鍵屋にとってお問い合わせの段階でお客様が使用されている鍵の防犯性の高さ、低さを見分ける方法が容易に行えます。
どの様なカギを開けて欲しいのかが電話で伝える事が出来ればカギ自体の形状および鍵穴の形と向き(縦向きか横向き)どの程度のレベルの鍵が付いているか判断できます。

ピッキング対策キー
鍵穴の形で防犯性能の種類が判別可能です

鍵開け料金を問い合わせる前に確認する事

  1. カギの形状を思い出す
    ギザギザした刻みキー、凹凸のあるディンプルキー、カードキー、テンキー、ボタン錠など
  2. 鍵穴の形を見る(ドア前で確認)
    例えば、ひらかなの「く」、アルファベット「M・W」、メガネ型、封筒型など
  3. 鍵穴の向きを見る(ドア前で確認)
    床に対して平行に横向きにカギを差し込む
    床に対して垂直に縦向きにカギを差し込む
  4. 施錠されている鍵がドアに何個付いているか
    一般的には1個か2個

一例

一般キーの鍵穴

ギザギザした刻みキーで鍵穴の形が「く」の様な形をしていて鍵穴が縦向きをしているなら、開けるのに最も簡単なMIWAのディスクシリンダーが付いているという事が判ります。

解錠方法、開錠方法で金額が変わる鍵屋には注意!

悪質な鍵屋は簡単に開けられる事が可能な鍵が付いていても難しい鍵が付いている嘘を言い壊して開けている事がありますのでご注意下さい。

鍵を壊して開けた場合、新しい鍵に交換する必要がある為開錠費用とは別に鍵交換の費用も請求できる可能性があります。

カギが無い状態で家の鍵を開ける主な方法は、ピッキング、サムターン回し、バイパス開錠、鍵を壊して開ける破錠と言った開け方があります。
一般的な鍵開け業者は、ドアに付いているカギの種類で最も早く開けられ方法およびできるだけ安い開錠費用で行える開け方を選択します。
しかし、悪質な鍵屋は簡単に開けられる事が可能な鍵が付いていても難しい鍵が付いている嘘を言い壊して開けている事がありますのでご注意下さい。

住宅事情から、今では普通に簡単には開けられない鍵が付いているので無傷で開けるには難しいのは事実です。鍵屋ではない一般のお客様にとって、自身が使用している鍵の防犯性が高いか低いかなど解る方は少ないと思われます。その事を知らないが為に痛い出費を支払う羽目になるかもしれません。

開かなかった場合は無料!こんな鍵屋にも注意

ホームページに「どんな鍵でも開けます!開ける事が出来なかった場合は無料!」と謳っている鍵屋にも注意が必要です。

「鍵を“壊さず”に開ける事が出来なかった場合は無料」と謳っているわけではないのでご注意下さい。

上記でも述べました開錠方法にはピッキングやサムターン廻しなど鍵開け方法はいくつかあります。技術的に壊さず開けるには難しい鍵だとしても、確実に開けられる手段として鍵を壊して開ける破錠であれば、家のドアに付いている鍵で絶対に開かない鍵などありません。という事で、開かなかったとしても無料だからと思ったら大間違いです。

あとで何か言われても“ちゃんとホームページに書いてますよ”と言い逃れできるよう、よく見ると小さい文字であらゆる方法を駆使してなどの文言を記載しています。

全国展開を謳っている鍵屋は要注意

ホームページに提示されている低価格や謳い文句(出張費無料、顧客満足度、到着時間の速さ、他社との比較など)、実際に電話して問い合わせるとウェブサイトの内容とは全く違う回答しか得られない。この様な業者の多くは全国展開している鍵屋になります。

ページのトップへジャンプ