年末の大掃除、お風呂の浴槽洗いにご注意!

お風呂のバスタブ清掃で浴室ドアが開かない!

いよいよ今年も終わりに近づき年末の大掃除の時期がやってきました。

普段、こんなところまで掃除はしないという人でも、大掃除となれば「ヨシやるか!」、と行動を起こす場所がいくつかある事と思います。

その中の一つに「お風呂の浴槽(バスタブ)」はありませんでしょうか?

年末のお風呂の大掃除

鍵屋の仕事がら、普段の月でも少なくはない浴室ドアが開かなくなってしまい開けて欲しいといったドアの開錠依頼。

浴室ドアの開錠理由の多くは「錠前の故障によって扉が開かない」、いわゆるラッチ故障と呼ばれるもので、鍵が掛かっている訳ではないのにドアノブを回しても扉を開ける事が出来ない症状です。

また、間違って内側のボタンを押してしまいカギをかけてしまい浴室ドアが開かないといったお問合わせも少なくありません。しかし、お風呂の扉の錠前に付いている鍵には、非常時にコインやマイナスドライバーなどを使い外側からでも鍵の解除をして開ける事が出来る、非常解錠装置が付いているため殆どが電話で解決します。

そして、たまにではありますが、お風呂の掃除中にバスタブのカバー(エプロン)が扉の前で倒れてしまい開けられなくなったという開錠依頼です。

浴室カバーが原因で扉が開かなくなる?

年末のこの時期になると増える開錠依頼の原因は浴室カバー

浴室カバーが原因

お風呂に入る時、浴槽にお湯を溜める前に浴槽の中を洗う事はみなさんしているでしょう。しかし、普段から浴室槽のカバーを外して、外側まで洗う人は多くはないのではと思います。ましてやカバーが外れる事すら知らない人もいる事でしょう。

*バスタブそのものの交換が可能な浴室槽は、エプロンと呼ばれる浴室カバーが付いており、誰でも簡単に取り外しが出来るようになっているのです。

  • 浴室カバー(エプロン)の横幅は、バスタブの横幅とほぼ同じピッタリの長さになります
  • お風呂ばの中の横幅は、バスタブの横幅と同じ長さになります
  • お風呂のドアは構造上、浴室内側に開くよう建付けられています

以上の条件から、バスタブから外れて倒れた浴室カバーは、お風呂の中のスペースを塞いでしまい内開きである浴室のドアが開かなくなってしまう事が起こります。

お風呂場の掃除で浴室カバーを取り外した場合、浴室内に立てかけて置くのではなく、浴槽の中に入れて置くかお風呂場の外に置くのが好ましいでしょう。

浴室ドアが開かなくなったら24時間対応の鍵屋までお電話を

この様なエプロンによって開かない扉の開錠作業は、時に錠前故障による開錠に比べ非常に困難な場合があります。

自分でなんとか開けようと試みても開かない時は、緊急な浴室の鍵トラブルを24時間対応している鍵屋「カギのレスキュー車」にお任せ下さい。

開錠料金がいくらになるのか?到着時間はどのくらいかるのか?お電話にて詳しくお答え致します。

平日、休日問わず営業、夜中・深夜の作業も受け付けていますので、お気軽にお電話ください。

開かない浴室扉の開錠料金はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)