見積り無料はどこまでが無料になるかしっかり確認する事!

依頼をしてしまう前に電話対応だけで悪質業者を見分ける方法の一つをご紹介。

“見積り無料”とは

無料見積もりの多くが騙し文句

鍵屋さんに依頼する場合の料金の見積もりには、鍵開け、鍵の作成、鍵の修理、鍵の交換や取り付けなどの作業があります。それぞれの作業にいくらかかるのか鍵業者のホームページを見てみると“現地見積り無料“とあるが、本当に見積りだけなら無料で来てもらえるのでしょうか?

実際は、“見積り無料“の謳い文句には裏があり、見積りだけで来てもらっても、必ずしも無料になるとは限りませんのでご注意ください。

悪質な鍵業者ほど『見積り無料」を強調し大体的に謳っておきつつ、あらゆる方法で法には触れないグレーゾーンでの請求をしてきます。

実際の例

悪質業者とお客さんのやりとり

WEBサイトの鍵開け料金の提示¥1,980円〜を見て電話をすると¥8,000円〜と回答され、見積りだけなら無料だからと依頼したケースにおいて

来た鍵屋:鍵開け見積り金額¥30,000円です。

お客さん:料金が高いので断ります。

鍵屋:料金が発生します。

お客さん:見積りは無料と聞いてたけど。

鍵屋:¥8,000円〜(“〜”は以上の意味になるので¥30,000円でも間違いありません)かかる旨を伝えた上、承諾してもらい来ました。料金が高いからと言った理由で断る場合は「お客様都合のキャンセル」となるため料金を頂戴します。

各作業料金については、どの業者も仮に偽り表記だとしてもホームページに掲載をしています。また、電話でも最低料金からではあるがしっかりと伝えています。これらの事を言及されたら支払わざる負えない可能性もあります。

必ず確認する事

何処までが無料かをしっかり確認

見積もり無料について訪ねた際、「見積り金額に納得できない時は断って頂いて構いません。作業をしなければ料金は一切かかりません。」と回答される鍵屋さんもいないわけではありませんので

  1. 依頼をした時点
  2. 出張途中
  3. 到着した時点
  4. 作業前の見積もり時点
  5. 作業開始の時点

などをよく確認してから依頼をしないとキャンセル料金、出張料金の名目で請求をされても仕方がありませんのでご注意ください。

ページのトップへジャンプ