調子が悪い装飾錠キャッスルジュニアの交換対応してます

装飾空錠キャッスルジュニアの交換

錠前メーカー「KODAI(古代)」のキャッスルジュニアの装飾空錠交換お任せ下さい。
戸建ての玄関ドアに使用されている装飾錠のキャッスルジュニアは把手とラッチだけが付いている鍵のない空錠です。空錠とは、施錠する機能が無く扉の開け閉めだけを行う目的で作られた錠前になります。

販売時期が古い新しいで違うキャッスルジュニア、装飾のデザインが少し変わっていますが古いタイプをご使用でも交換が可能になります。

ロック機能が備わっていないキャッスルジュニアは、シンプルな構造で作られているなかなか壊れない、「カギを失くした」といった理由で鍵交換される事がない為、取り替える機会が少なく長期間にわたり使われ続ける事が少なくありせん。

鍵をなくす心配が無いキャッスルジュニアは鍵交換する必要無く一生使用できるかと言うとそうとは限りません。では、交換機会の少ないキャッスルジュニアを交換せざるを得ない時とはどんな時になるのか?

ドアの開け閉めで、普段と少し動きに違和感を感じたら交換時期のサインです。

故障頻度の少ないキャッスルジュニアでも長年使用さていれば経年劣化による錠前内部の破損による動作不良で調子が悪くなってもおかしくありません。今まではとは違い扉の閉まりがあまり良くない、扉が開けづらいと感じたら交換時期と思って良いでしょう。

錠前が壊れてから取り替える場合、玄関ドアが開けられる状態であれば単純な交換作業で済み作業料金も安く行う事が出来ます。しかし、玄関ドアが閉じている状態で壊れてしまい”扉が開けられない”と言った場合では、「開錠作業」が追加工事として発生する事により、交換料金とは別に開錠費用がかかりますので早目の対応をお勧めします。

対応地域は以下の東京都内(東京23区・多摩地域)、出張地域によって料金が異なります

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を
ページのトップへジャンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です