クローゼットの中で荷崩れを起こしてしまい引き戸が開けられない!

クローゼット引き戸が開かないトラブル

クローゼットや納戸(押し入れ)の開かなくなったドアをお開けします!クローゼットや納戸の中で荷崩れが起きてドアを開ける事が出来ないトラブルお任せください。クローゼットの引き戸の奥で荷物が引っかかってつかえてしまい扉が少ししか開かない!折戸、押し扉の内側で何かがぶつかって開けられない!クローゼットなど上から吊るされている間仕切りハンガードアの扉は脱着ができないので開けるのが非常に困難な場合があります。こんな状況でお困りの時は、24時間営業の鍵屋「カギのレスキュー車」にお任せください。

鍵とは異なることが原因でクローゼットの扉(引き戸、開き扉)を開ける事ができない場合、どんな業者を探して開けて貰えばよいか。鍵開け業者?ドア開け業者?他社さんでは壊さないと開けられない引き戸でもお開けいたします。鍵以外による理由でのドア開けも弊社なら24時間対応しています。(一部地域を除く東京都、埼玉県、川崎市、横浜市)

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を

引き戸穴開け不要

穴開け不要、扉を壊さずお開けします!

クローゼットの中には衣類はもちろんですが、その他に大きな物でスーツケースや掃除機、脚立、クリスマスツリーの入った箱、靴の空き箱や子供のおもちゃなど小物類まで色々な物が収納されています。
普段、何気なく出し入れしている物の置き場所や置き方によって、何かの拍子で荷崩れを起こし引き戸の奥でとびらが開くのを塞いでしまう事があるので収納の仕方にはご注意下さい。

開かなくなる原因

引き戸式のクローゼットが開かないといったドア開け依頼の多くの理由は、戸の奥に収納物が挟まってしまい引き戸が横にスライドしないため。理由の原因は様々ありますが、この様な案件の場合では主に二つの要因が挙げられます。

収納物が傾き倒れる

引き戸に収納物が傾き倒れる
収納している物が傾き倒れてしまう

ある程度引き戸から離れた場所に置いていた場合でも、安定率が悪い長くて細い棒状の物など手前から次々と物を仕舞い込む事でドミノ式に傾き倒れてしまいます。例えば、スティック掃除機やモップ、脚立や折り畳み物干し、組み立て椅子などコンパクトにしまえる収納物。

寄り掛かっていた収納物

木製棚が引き戸に寄り掛かる
引き戸に寄り掛かっていた物が戸を押さえてしまう

収納物が戸に寄り掛かっていた場合、開いていた引き戸を閉めたと同時に戸の奥に物が回り込みスライドするドアを押さえ込んでしまう事があります。例えば、木製棚やプラスティック製の3段チェストなど。

“鍵の紛失や故障が原因”以外で開かなくなったクローゼットの引戸を開ける業者に依頼する場合。「扉に穴を開ける」、「引き戸を壊す」などが前提でないと断られるケースが殆どです。また、救急や消防に電話をしたところで中に人が閉じ込められていない限り出動される事はありません。

“穴を開けずにクローゼットを開けたい”、“クローゼットの扉を壊さず開けたい“と言う方はカギのレスキュー車にご相談を東京都内にて24時間対応しております。

鍵トラブル料金および対応地域の詳細はこちら→

引き戸ドア開け料金は¥9,000円〜。詳しい費用や対応地域は、お電話またはメールだけでお見積りしていますのでお気軽にご連絡ください。尚、お伝えした以外の費用を現地にて追加請求する事は一切ありませんのでご安心下さい。

メール見積り案内ページへ

お急ぎの場合お電話ください!

鍵の緊急はカギのレスキュー車へご連絡を
ページのトップへジャンプ